■プロフィール

名無し

Author:名無し
今年の戦隊シリーズ最新作「ゴーオンジャー」が結構面白い。
そこで思い立って戦隊シリーズの歴史を自分勝手に脳内補完してまとめてみようかと思う。かなり勝手な思い込みが多いのはご了承のほどを。

■最近の記事
■リンク
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5.太陽戦隊サンバルカン
5.太陽戦隊サンバルカン(1981)
1981/2/7~1982/1/30 土曜日18:00~18:30




作品の特徴
男性3人によって構成される唯一の女性戦士のいない戦隊。熱血漢の赤がリーダーという定番の設定だが、そのリーダーが途中で交替した唯一の戦隊。リーダー交替も含めて、前半と後半で敵組織の幹部の顔ぶれを変えたり、前半と後半で大きく展開を変えるという工夫がなされた最初の作品。(それにしても戦隊のリーダーが変わるというのは変えすぎであろう)

巨大ロボは母艦から発進した戦闘機「コスモバルカン」と重戦車「ブルバルカン」が合体して完成する「サンバルカンロボ」という初の合体ロボット。個人武器は共通の外観の武器だが、メンバーによって違う機能を備えている。合体技はあるが合体武器は無い。メンバーの移動手段は車とバイク。


コスモバルカン(サンバルカンロボの上半身になる)


ブルバルカン(サンバルカンロボの下半身になる)

合体巨大ロボットの腕にバルカン砲が装備されていることから、戦隊名に「バルカン」が使われていると思われ、メンバーが3人なので「サンバルカン」という戦隊名になり、この「サン」に太陽を意味する「SUN」を引っ掛けて「太陽戦隊」としたのではなかろうか。また、メンバー3人の個別色が赤・青・黄という光の三原色であったということも関係しているのかもしれない。とにかく、「~戦隊」というフォーマットは前作から引き継いでいるものの、この頃は「~マン」というネーミングには特にはこだわっていないことは分かる。

前作デンジマンと連続性のある世界観の中で物語が展開される戦隊シリーズ唯一の続編もの。コミカルな痛快活劇を中心としつつ、壮大な戦いをハードに描いた作品。

戦隊シリーズ特有の燃えに燃える感じの主題歌は本作から始まる。本作からチェンジマンまでは特に燃える。

続きを読む >>
スポンサーサイト
未分類 | 00:14:11 | Trackback(0) | Comments(1)
4.電子戦隊デンジマン
4.電子戦隊デンジマン(1980)
1980/2/3~1981/1/31 土曜日18:00~18:30




作品の特徴
メンバーの色分けによる区別が復活し、熱血漢の赤がリーダーという設定も復活し定着した。初めてアイテム(指輪)を使っての変身が強調されるようになった。ヒーローの造形は石森章太郎の提唱したシンプル路線への回帰が図られ、変身後の頭部デザインとしてヘルメットにゴーグルというシンプルスタイルが導入された。

巨大ロボ使用は前作から引き継がれたが、母艦から発進した戦闘機「デンジファイター」が変形して「ダイデンジン」という巨大ロボット体になるという演出が導入された。初めて宇宙人(の子孫だが)がヒーローに変身する設定。

SF色の強い重厚なストーリーでありながらコメディ要素も加えつつテンポ良く展開していく痛快活劇というパターンが定まった。


黄山の切り盛りするアスレチッククラブ内の喫茶コーナー(おすすめはカレー)

メンバー個々の独自技や合体技はあるが、個々の専用武器という設定はこの作品では消えて共通武器を使っている。共通武器を合体させる合体武器は決め技として存在する。車やバイクで移動するという設定は受け継がれている。

メンバーの共通武器はデンジスティックという万能棒のようなものだが、主に打撃武器として使用し、日本刀に変形させることも可能で、この作品から集団格闘シーンにチャンバラ殺陣の要素が取り入れられた。もともと戦隊シリーズの殺陣を担当していたスタッフはチャンバラ時代劇出身の人が多かったので、お手の物だったのだろう。

続きを読む >>
未分類 | 00:19:08 | Trackback(0) | Comments(6)
3.バトルフィーバーJ
3.バトルフィーバーJ(1979)
1979/2/3~1980/1/26 土曜日18:00~18:30




作品の特徴
敵の巨大ロボに対抗するために味方の巨大ロボにヒーロー達が乗り込んで操縦するという設定の始まり。巨大ロボを巨大母艦が輸送するという設定も初登場。

色分けによるメンバーの区別が明確でない唯一の作品で、キャラクターデザインも他の戦隊ものとはかなり違うが、女性を含む5人戦隊、熱血漢がリーダー、各メンバー独自の武器使用、合体武器を決め技として使用、メンバーの乗り物が車とバイク、というような設定はジャッカー電撃隊から受け継いでいる。基本的にはハードな世界観だが作風は明るい。むしろジャッカー電撃隊の反省からか、かなり戦隊メンバーのキャラがユルめの設定であったので、メンバーに緊張感が無く倉間司令官にしょっちゅう叱られていた。


道場で叱られる5人

メンバーは舞踊を基本にした特殊な武術のエキスパート。踊りを武器にして戦うという意味で「バトルフィーバー」というチーム名になった。前年1978年に映画「サタデー・ナイト・フィーバー」が大ヒットして、この年は「フィーバー」が流行語になっていたので、こういう設定になったのだろう。

作品名の最後につく「J」は、おそらくJapanを意味するのだろう。アメリカンコミックの翻案という形になっていたので、「バトルフィーバー」の日本版という意味なのだろう。しかし実際は「バトルフィーバー」は日本オリジナルの戦隊で、そのメンバーもミスアメリカを除いては、アメリカンコミック風に造形はしてあるが、全くの日本オリジナルキャラである。またミスアメリカもマーべル社のオリジナルキャラであるミスアメリカとミズマーベルを合成して作られたキャラクターである。

続きを読む >>
未分類 | 00:34:09 | Trackback(0) | Comments(4)
2.ジャッカー電撃隊
2.ジャッカー電撃隊(1977)
1977/4/9~1977/12/24 土曜日19:30~20:00




作品の特徴
変身前の姿がサイボーグである唯一の作品。当初はトランプを模した4人戦隊であったが色分けによる区別は維持。ハード路線を目指すが視聴率低迷により途中で打ち切り。シリーズ歴代最短話(35話)。シリーズ唯一の途中打ち切り作品。

熱血漢の赤がリーダーだが途中から白が指揮官兼超人的リーダーとして追加登場。当初は各自の独自の武器はあるが合体武器は無しで必殺技は4人合体技だったが白登場後は合体武器が登場。巨大ロボは無し。移動基地としての飛行要塞は有り。メンバーの通常移動手段は車とバイク。白(ビッグワン)登場後は作品のコンセプトが大きく変更され迷走状態となった。

続きを読む >>
未分類 | 00:14:49 | Trackback(0) | Comments(4)
1.秘密戦隊ゴレンジャー
1.秘密戦隊ゴレンジャー(1975~1977)
1975/4/5~1977/3/26 土曜日19:30~20:00




作品の特徴
最初の変身ヒーロー戦隊ものである。メンバーの色分けによる区別、各キャラクターの明確な特徴づけが本作の大きな特徴。また、ハード路線からギャグ路線までの幅の広いストーリー展開が大人気を呼び、シリーズ歴代最高視聴率(25%)、シリーズ歴代最長話(84話)を誇り、現在まで続くスーパー戦隊シリーズの起源となる。

熱血漢の赤色の戦士「アカレンジャー」がリーダー。各自の独自の武器はあるが合体武器は無し。必殺技は5人合体技で、1つのボールを5人でサッカーやラグビーの要領でパスし合ったりした後に敵にぶっつける「ゴレンジャーストーム」や「ゴレンジャーハリケーン」という、冷静に考えれば馬鹿馬鹿しい技。巨大ロボは無し。移動基地としての飛行要塞は有り。メンバーの通常移動手段はバイク。戦隊シリーズの主題歌は名曲揃いだが、本作の主題歌は名曲だが、それ以上に「バンバラバンバンバン」で始まるエンディング曲が有名。

メンバー5人が並んで1人ずつ名乗りを上げていき、最後に「5人揃ってゴレンジャー!」と見栄を切るシーンは、歌舞伎の「白浪五人男」から着想を得たもので、この後、シリーズ全作品において恒例化する名物シーンとなる。これは登場時だけでなく、戦闘の途中で行われることもあり、名乗りが終わるまで敵怪人や戦闘員も呆然と見守っているだけである。

続きを読む >>
未分類 | 02:32:16 | Trackback(0) | Comments(4)
第一期
第一期(1975~1982)

ゴレンジャー、ジャッカー電撃隊、バトルフィーバーJ、デンジマン、サンバルカン、ゴーグルファイブの時期。

特撮変身ヒーローのチーム方式としての「戦隊もの」というジャンルが生まれて、それがシリーズとして軌道に乗り、作品の基本的フォーマットが出来るまでの時期。

作品タイトルの形式に特に一定のものは無い時期。

敵組織は初期は他のヒーローものによく見られる秘密犯罪結社型のものが多く、後に本シリーズ特有のテイストのエイリアン侵略型と暗黒科学型の二系統の流れが出来る。それらの敵組織に対してヒーロー側は科学の力で戦う。

最初の頃は巨大マシンや巨大ロボットは無かったが、徐々に整備されていき、第一期終わりには複数のマシンが合体してロボットになるという形が出来上がる。

戦隊ヒーローの変身前の姿を演じる役者は、基本的にアクションの出来る人が務めていた。但し、ヒロインに関しては末期のほうからアクションよりも女性らしさが重視されるようになる。

変身方法は一様ではなく、変身アイテムも無い場合もある。

この時期の主題歌は、70年代スパイアクション映画を彷彿させるような渋い曲調のものが多く、末期のサンバルカンやゴーグルファイブあたりになると、典型的ヒーローソングになってくる。


未分類 | 02:19:46 | Trackback(0) | Comments(25)
スーパー戦隊シリーズ
スーパー戦隊シリーズ

テレビ朝日系列で1975年から2008年現在まで続く(うち1978年1月から1979年2月までの期間は除く)東映製作、テレビ朝日系で放送の特撮テレビドラマシリーズである。原則として1作品が全50話ほどを1年間かけて放送し、現在までに通算32作品が製作放送されている。

このように1年間(つまり4クール)を通して毎週、同一の物語を描く実写版の連続テレビドラマというものは、現在の日本においては本シリーズ以外では仮面ライダーシリーズとNHK大河ドラマぐらいしか無い。1963年から毎年続く大河ドラマは別格として、1971年に始まった仮面ライダーシリーズのほうは途中かなりの空白期間があり、ほとんど空白期間も無く長期間続いているこの種の4クールにわたる民放のテレビドラマのシリーズは、特撮に限らず全てのジャンルにおいて、本シリーズ以外には存在しない。

続きを読む >>
未分類 | 17:57:29 | Trackback(0) | Comments(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。