■プロフィール

名無し

Author:名無し
今年の戦隊シリーズ最新作「ゴーオンジャー」が結構面白い。
そこで思い立って戦隊シリーズの歴史を自分勝手に脳内補完してまとめてみようかと思う。かなり勝手な思い込みが多いのはご了承のほどを。

■最近の記事
■リンク
■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6.大戦隊ゴーグルファイブ
6.大戦隊ゴーグルファイブ(1982)
1982/2/6~1983/1/29 土曜日18:00~18:30




作品の特徴
スーパー戦隊シリーズの基本フォーマットが完成した作品。余分な内面描写を排したシンプルな勧善懲悪ストーリーで、派手なアクションや特撮を重視して、ギャグを多彩に盛り込んだ子供向けに練り上げられた作風が分かりやすく子供達に受けて極めて高い視聴率を記録した。

5人編成に戻った各メンバーのキャラクター設定がより個性的で明確になった。新体操をモチーフにして各自の専用武器にも活かして特徴的で見栄えの良いアクションを可能にした。メンバーは共通武器と専用武器を併用し、個人技も合体技も種類が極めて豊富で、共通武器を合体させた合体武器もある。


新体操を応用した各自の武器

巨大ロボ「ゴーグルロボ」は巨大空母から発進する戦闘機と重戦車と巨大ダンプの3つのマシンが合体して完成する。メンバーの乗り物はバイクや車だが、本作では主題歌の映像にのみ出てきて本編では登場しない。この作品からやたらと火薬を爆発させ始める。

とにかく善の側は善の側として、悪の側は悪の側として、それぞれ完璧なキャラクター設定がなされており、そこに迷いや揺らぎというものは存在しないし、そういう要素は描かれない。





戦隊メンバー

赤:ゴーグルレッド/赤間健一(男・リーダー)・・・不撓不屈の頼れるリーダー

黒:ゴーグルブラック/黒田官平(男・サブリーダー)・・・沈着冷静で抜群の運動神経を持つ

青:ゴーグルブルー/青山三郎(男)・・・明朗快活で子供達の兄貴分

黄:ゴーグルイエロー/黄島太(男)・・・大食漢の山師

桃:ゴーグルピンク/桃園ミキ(女)・・・清らかで優しい心の持ち主

メンバーの呼称は「ゴーグル(隊名)+色名」という形式。

初めての黒の戦士としてゴーグルブラックが登場し大人気を博し、黒が赤のライバル的存在ないしはサブリーダー的存在となる契機を作った。

また、前作の後半あたりからレッドが剣術(あるいは何らかの武道)の達人という設定になることが多くなり、本作以降は敵側にもレッドをライバル視する大幹部クラスの剣の達人キャラが出てきて、たびたび決闘を繰り広げた挙句、物語の最終盤にて一騎打ちでレッドに倒され、カッコイイ死に方をするというのが定番になっていく。これもチャンバラ時代劇の影響だろう。



左:ゴーグルジェット 中央:ゴーグルダンプ 右:ゴーグルタンク


ゴーグルロボ(ゴーグルジェット、ゴーグルダンプ、ゴーグルタンクが合体して出来る)


戦隊の所属
未来科学研究所。所長は本郷秀樹博士で、コンピュータボーイズ&ガールズ(コンボイ)という組織所属の子供たちがゴーグルファイブの支援を行う。子供向け番組らしい設定である。


左:本郷博士 右:コンボイの子供たち

本郷博士は冒頭と最終盤のみ登場し、実質的には博士の助手およびコンボイの子供たちがゴーグルファイブを支援する。司令官がいるのに戦隊を身近で支援しないのは初めてのパターン。

ゴーグルをつけた5人の戦士ということで「ゴーグルファイブ」と言うのだろう。「大戦隊」のほうは特に深い意味は無く、「すごい戦隊」という程度の単なる美称と解釈すべきであろう。


メンバーの来歴


本郷博士がリストアップした中からコンボイが選抜した5人の民間人がゴーグルブレスを装着して変身する。それぞれ一定の特異な能力を持っているが、あまり内面まで掘り下げて描かれることはなかった。普段は遊園地や動物園で働いている。地球人である点を除けばデンジマンと似たような設定となっている。


戦隊の敵
太古から多くの災いをもたらして暗躍してきた暗黒科学帝国「デスダーク」の送り込む合成怪獣や巨大ロボット、一般兵士など。巨大ロボットには倒された合成怪獣が再生して搭乗する。


デスダークの幹部たち

デスダークの総統や大幹部も怪人だが、細かな人物設定はなされておらず、純粋なる悪として存在する。内紛なども起こさず、ひたすら総統の指令のもとゴーグルファイブと戦う。味方に対しては誠実な悪の組織だといえる。典型的な暗黒科学型の敵組織だが、まだ造詣は浅いといえる。ショッカーや黒十字軍のように、ただ敵役として存在することに意義があるような集団。


デスダークの総統タブー


作品のヒロイン
ゴーグルピンク(桃園ミキ)。





おそらく初めての純日本人の戦隊ヒロイン。デンジピンクの桃井あきらが一応は初めてのハーフや外人ではない戦隊ヒロインなのだが、彼女の場合厳密にはデンジ星人なので、本作の桃園ミキが初の間違いなく日本人の戦隊ヒロインということになる。



もともとは従来型のイメージの早坂あきよがピンクを演じるはずだったのだが、急遽降板となり、代わって起用された大川みゆきの華奢で可憐なイメージによって幅広い年齢層に大人気を博して、従来の戦隊ヒロインのイメージを一変させて、特撮ヒロインのアイドル化の嚆矢となった画期的存在となった。また結果的に従来の肉感あふれるヒロインとは一線を画した華奢で繊細なヒロイン像が現れることとなった。



桃園ミキのキャラクターによって、それまでの「女戦士」というイメージから一変して、より親しみやすい「戦隊のお姉さん」的なキャラクターが確立した。以後の作品ではこの「戦隊のお姉さん」的な女性メンバーが主流となる。


おそらく戦隊ヒロイン歴代で最も可憐なヒロインであろう。


作品の評価
この作品の成功でスーパー戦隊シリーズは不動の地位を確立し、またこの作品において基本的なフォーマットが完成したので、この後の作品は本作を基本として、そこに更に肉付けをしていくことになる。

ゴレンジャーから始まった試行錯誤の第一期がこのゴーグルファイブでひとまず終了して、スーパー戦隊シリーズはこの後、第二期に入り、しばらくの間、最初の黄金時代を迎える。そういう意味で記念碑的作品である。



客観的に見て、やはり第一期の最高傑作はゴーグルファイブであろう。個人的にはゴレンジャーも捨て難いが、やはり粗いところが多いし、ロボットも出てこないなど、足りない要素も多いので、やはりゴーグルファイブのほうが上だろう。ストーリー、アクション、主題歌など、そして総合的にもゴーグルファイブが第一期では一番である。但し、コスチュームに関してだけは、やはり初代作品のゴレンジャーのものが最も秀逸であると思う。また、ロボットに関しては個人的にはバトルフィーバーロボが好きだが、後の作品に与えた影響という点ではやはりゴーグルロボのほうが上だろう。

それにしても、ここでこのフォーマットに安住しようとしなかったところが偉いと言えるが、クリエイターにとってはそれは当然のことなのかもしれない。
スポンサーサイト
未分類 | 00:10:22 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
またまたえろえのです。

よく調べられておられますが、下記の話はご存じありませんか?

>そのためか、従来の肉感あふれるヒロインとは一線を画した華奢で繊細なヒロイン像が現れることとなった。
>
“華奢で繊細な”大川めぐみ出演の経緯は
ミキ役の早坂あきよが突然降板したため
急遽代役として立てられたというのは有名な話です。
早坂あきよ版の桃園ミキなら“肉感あふれるヒロイン”だったはず(笑)
ttp://www001.upp.so-net.ne.jp/kindan-hm/bibi.html

まあ、早坂嬢降板が伝説のヒロインを生み出すことになったわけですが…
2008-04-07 月 21:24:31 | URL | えろえの [編集]
>えろえの氏
早坂さんの件は知っていました。
ただ、あまり詳細まで書いてしまうと文章量が膨大になってしまうので、出来るだけ簡略化しており、そのため、そのあたりが説明不足であったかもしれません。
結果論的に大川めぐみさんでその後の繊細かつ華奢なヒロイン像が出来たという点と、早坂さん降板時におそらくは他にも選択肢があったであろうところで大川さんに決定したということは、もともとそういった方向性がいくらか制作サイドにはあったのではないかという点も加味しました。
少し文章直しておきます。ご指摘ありがとうございました。
2008-04-08 火 06:51:58 | URL | 管理人 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-08-15 月 03:45:51 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。